FC2ブログ






非公式OLM ChiyoSta;FanWorld ~線層交錯のグランドオベリスク~

チヨスタオフロゴ

チヨマルスタジオ作品である、科学アドベンチャーシリーズのファンによる大規模オフ会
【非公式OLM ChiyoSta;FanWorld ~線層交錯のグランドオベリスク~】の開催を2019年に企画・予定
しております。
詳細はこちらをご覧ください。
スポンサーサイト
[ 2036/06/27 01:02 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

近況と次回更新予定

アニメ版 Steins;Gate0(シュタインズゲート ゼロ)がついに始まりました!
シュタゲロ考察はもう終わっているのでアニメオリジナルや修正箇所でもない限り考察することはありませんが、アニメに沿って世界線推移をおさらいしていきたいと思います。世界線変動がない回の場合は更新しないと思います(つ・ω・)つ普通に更新してますね。
アニメシュタゲゼロ記事は、その時点までの情報を中心にまとめ、可能な限りネタバレを避けてまとめるようにしていますが、そのほかの記事にはネタバレ満載なので、アニメで追いかけている方はご注意ください。

7/28アニメSteins;Gate 0 15話:漸近線のリコグナイズまでに簡易的に気になる点
7/20アニメSteins;Gate 0 14話:弾性限界のリコグナイズまでのイベント比較、世界線推移
7/6アニメSteins;Gate 0 13話:回折叙唱のマザーグース更新
6/28アニメSteins;Gate 0 12話:相互再帰のマザーグースまとめ更新
6/21アニメSteins;Gate 0 11話:存在忘却のパンドラ更新
6/14アニメSteins;Gate 0 10話:存在証明のパンドラ更新
6/7アニメSteins;Gate 0 9話:永劫回帰のパンドラのまとめと世界線推移更新
5/31アニメSteins;Gate 0 8話:二律背反のデュアル更新
5/24アニメSteins;Gate 0 7話:振電遷移のエクリプス更新
5/17アニメSteins;Gate 0 6話:軌道秩序のエクリプス更新
5/11アニメSteins;Gate 0 5話:非点収差のソリチュード更新
5/4アニメSteins;Gate 0 4話:亡失流転のソリチュードまでの世界線推移更新
4/26アニメSteins;Gate 0 3話:双対福音のプロトコル更新
4/21アニメSteins;Gate 0 2話:閉時曲線のエピグラフ更新
2018/4/12アニメSteins;Gate 0 第一話時点での世界線推移更新
4/4新小説考察2:アルタイル世界線推移修正
   Steins;Gate 0考察1:世界線移動図修正
   Steins;Gate0考察4:世界線変動理由について(後編)修正
3/17steins;gate隙間解釈のアナリシスにおける誤表記と修正について。詳しくはこちら
1/27本編考察4:執念さんの記憶は上書きされるのか?更新
1/19Steins;Gate0考察4:世界線変動理由について(後編)更新

当然だけどネタバレ注意
[ 2036/05/20 22:50 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

本ブログについて

本ブログは、科学アドベンチャーゲームシリーズSteins;Gate(シュタインズゲート)の設定について考察するブログです。

もちろんネタばれは避けられないため、シュタゲ本編のアニメやゲーム、映画を鑑賞・プレイした上での参照を推奨しています。

各キャラクターの心情や関係についてふれてしまうと、それぞれの趣向により賛否がわかれるため、あくまで設定や世界観に対する考察として進めていきたいと思います。
もちろん私個人の思いつく限りの考察ですので、もっと矛盾の無い考察や、別の解釈が存在すると思いますが、それらを否定するものではなく、あくまで解釈の1つとして受け取っていただけたら幸いです。

このブログでの考察の目的は、公式の設定に矛盾しないことを第一とし、公式の隙間を埋めて、各種疑問の解決を主目的とします。
一応本ブログでの公式の枠組みとしては、林直孝さん(原作シナリオライター)が書いたものを公式として扱います。その他にも公式監修の物は多々ありますが、シナリオライターが変わるとどうしても設定矛盾が膨大になってしまうので。
また、考察の中に分かりやすい比較として盛り込むことはありますが、あくまで比較や補足が目的であり、優先順位は公式作品が最上位とします。
さらに、特に好きな作品は公式以外でも特別枠で考察することがあるかと思いますが、あくまでその考察はその作品内の限定考察として扱います。

ちなみにタイトルのトートエクスペリメント(thought experiment)思考実験の意です。
[ 2019/04/29 23:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(3)

考察一覧

itiran

大まかな分類ですので各作品にまたがって記載しているものもあります。
執筆順ではありません。


アニメSteins;Gate 0 第一話時点での世界線推移
アニメSteins;Gate 0 2話:閉時曲線のエピグラフ
アニメSteins;Gate 0 3話:双対福音のプロトコル
アニメSteins;Gate 0 4話:亡失流転のソリチュードまでの世界線推移
アニメSteins;Gate 0 5話:非点収差のソリチュード
アニメSteins;Gate 0 6話:軌道秩序のエクリプス
アニメSteins;Gate 0 7話:振電遷移のエクリプス
アニメSteins;Gate 0 8話:二律背反のデュアル
アニメSteins;Gate 0 9話:永劫回帰のパンドラのまとめと世界線推移
アニメSteins;Gate 0 10話:存在証明のパンドラ
アニメSteins;Gate 0 11話:存在忘却のパンドラ
アニメSteins;Gate 0 12話:相互再帰のマザーグースまとめ
アニメSteins;Gate 0 13話:回折叙唱のマザーグース
アニメSteins;Gate 0 14話:弾性限界のリコグナイズまでのイベント比較、世界線推移
アニメSteins;Gate 0 15話:漸近線のリコグナイズまでに簡易的に気になる点New

Steins;Gate 0考察1:世界線移動図
Steins;Gate 0考察2:勢力図と襲撃者
Steins;Gate 0考察3:小説版との比較
Steins;Gate0考察4:世界線変動理由について
Steins;Gate0考察4:世界線変動理由について(後編)

モザイシズム考察1:世界線及び時間推移
モザイシズム考察2:設定、出来事の違い
モザイシズム考察3:その他の気になる点

新小説考察1:勢力図と萌郁の行動
新小説考察2:アルタイル世界線推移
新小説考察3:他作品との相関

劇場版考察1:リーディングシュタイナーとは何なのか?
   劇場版考察7:続・リーディングシュタイナーとは?【紅莉栖の思考実験】
劇場版考察2:記憶改変による影響
劇場版考察3:アクティブ世界線について
劇場版考察4:岡部が消えた理由について
劇場版考察5:岡部が消えた理由について(後編)
劇場版考察6:観測者とは

PDFファイル
劇場版設定考察論文 必要部分だけを論文形式に再編集して監督に提出したもの

本編考察1:SG線なのに大檜山ビルにラボがある理由
   討論1:SG線の過去に橋田鈴は存在できるか?(前半)
   討論2:SG線の過去に橋田鈴は存在できるか?(後半)
本編考察2:7000万年前
本編考察3:ダイバージェンスがずれないのは何故?
本編考察4:執念さんの記憶は上書きされるのか?

考察の墓場1:劇場版紅莉栖とショタリン

劇場版情報現状まとめ&一部感想

へっぽこ物理学:10^-24kgと10^-19mとは
   へっぽこ物理学:10^-24kgと10^-19mとは(後編)

Steins;GateでBINGO

Steins;Gate0(シュタインズゲート・ゼロ)オフ会〜再宴回帰のソサエティグラウンド〜
Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-オフ会開催
非公式OLM ChiyoSta;FanWorld ~線層交錯のグランドオベリスク~New
[ 2018/12/05 00:07 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

アニメSteins;Gate 0 15話:漸近線のリコグナイズまでに簡易的に気になる点

15話、漸近線のリコグナイズが公開されました。
基本はゲーム版パンドラルート以降を辿ってはいますが、前提の条件がもろもろ異なっているため、このままゲームのようなアルタイルルートイベントが素直に起こるとは思えない状況ですね。
残りの燃料が1週間という事から考えると、15話は6/30(7/1)~7/2(7/3)といったところでしょうか。

今回は、本来はゲーム版との周囲の条件の違いを全部まとめようとも思いましたが、先週のイベント比較表以上に現状ではネタバレ色が濃くなってしまうため、今週は見送らせていただきます。その代わり、ネタバレに比較的直接は触れなさそうな小さな点で気になっていることを少しだけ挙げていこうと思います。

ダル・由季関係ブラウン・萌郁関係等のわかりやすい大きな違いを除けば、個人的に気になる小さな点は、
1、真帆の(秋葉原への)来日を知る人物の違い
2、真帆がタイムリープマシン研究で、外部へ一度記憶データを送って圧縮する構想まで自力でたどり着いている点
3、かがりの管理組織の目的とかがりの使い方
4、(ゲーム以上の)レスキネン教授との距離の近さ
5、まゆりからの『話したいことがたくさんあるんだ』の内容

等があります。

1は、タイムリープマシン研究のための来日なのは共通ですが、アニメ版では教授の手伝いという建前のため、レスキネンも岡部も真帆の秋葉原への長期滞在を承知しています。
しかしゲームでは、『沖縄の親族に会いに行くついでに秋葉原に寄る』という建前を使っていたため、レスキネン教授は真帆の来日を知らず、岡部も7/2に空港に迎えにはいきましたが、その後秋葉原に滞在する事は知りません。
ゲーム版よりは堂々と動けるため、今後も岡部やレスキネン、萌郁などと絡んだ展開もあるかもしれません。

2は、タイムリープマシンを自力で作り上げられるのかに影響する可能性を示します。
圧縮が必要なことはゲームでも気付いていますが、『一時的な外部への記憶データ送信』と、『圧縮が可能な、紅莉栖と関係がありそうな施設』という単語まで気付いている点では、アニメの方が一歩リードしています。
アルタイルでは圧縮方法は分からずじまいでしたが、リナシメントでは直接は描かれていませんが、2011年2月2日には自力で開発まで辿り着いていることになります(描かれていな1月の岡部に心変わりがあった可能性もありますが)。

3は、ゲームでの2大ルートを混ぜたことにより、アニメでのかがりの管理組織の目的が現時点では曖昧になっている点が気になります。
かがりの記憶喪失ライダースーツ版のかがりも、それぞれに管理組織の第一目的に合わせて、運用方法が異なった結果ですので、アニメのライダースーツのかがりと、ゲームのライダースーツのかがりの目的がそのまま同一であるか決めつけるには、もしかしたら早計かもしれません。
今後の展開で明らかになっていくのが楽しみですね。

4は、リナシメントで存在していたが直接はそのシーンは描かれてはいなかった『あれ』のサンプリングが行われるシーンがあるかもしれません。
『あれ』があれば、スティグマやリナシメントのあの時間をやれるかもしrません。

5は、単純に内容が気になります。
鈴羽からダルの告白の速報でも届いたか、もしくはアニメオリジナルの新たな展開があるのか・・・

今回はここまで。
大した内容じゃなくて申し訳ありませんが、ここまで来たらアニメを楽しみに見守りましょう(`・ω・´)b
[ 2018/07/28 23:24 ] アニメ版シュタゲゼロ | TB(0) | CM(2)