スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

本編考察4:執念さんの記憶は上書きされるのか?

この記事ではシュタゲゼロのネタバレも含みますので、未プレイの方はご注意ください。

執念さんは2025年にムービーメールを作成し、2010年7/28にDメールとして送信します(以降MDM)。
このMDMは、本編開始時の1.1304261.130205では砂嵐のメールとして受信し、紅莉栖を救出するために再度立ち上がる1.130212でのみ内容のあるメールとして存在します。
では、このMDMを送信した瞬間、執念さんの視点で世界線変動が起こり、RSの発動によってSG世界線の2025年において記憶が執念さんのものに上書きされてしまうのでしょうか?
2025年以降のSG世界線の岡部を取り扱った公式作品がないため、執念さんが記憶の主導権を握っても矛盾は起こりませんが、折角なので本編岡部が幸せに過ごすためにも、執念さんの記憶が上書きされない理由を考えて見ましょう。

まずおさらいとして、世界線変動とRSについて確認です。
世界線変動は、何らかのアクションによって過去~未来が変更されることによって起こります。
RSの発動や記憶改変は、その規模が収束範囲を超えた場合に発動します。
つまり微細な変動で、いずれ収束する程度の変動ではRSは発動しません

では、執念さんのMDMはどの程度世界線変動させたのでしょうか?

・微細変動だった場合
私が推奨するのはこちらの考えです。
シュタゲロで執念さんがMDMを送った際に、RSが発動している描写がないことも理由のひとつですが、それ以外にも以下の理由があります。

2010年に岡部がオペレーションスクルドを実現させるまでに、未来からの干渉で必要なフラグは3つあります。
1、オペレーションアークライトを完遂すること
2、MDMを送ること
3、MDMの受信を知った鈴羽が2036年から跳躍すること


1は鳳凰院凶真を復活させるために必要な条件ですが、これだけでは立ち直ったとしても紅莉栖を救う方法が分かりません。
2は紅莉栖を救う方法を2010年の岡部に理解させるために必要な条件です。この時点で条件1が過去に達成され、鈴羽も過去に存在しているため全ての条件が達成されているように見えますが、この鈴羽はMDMについて知らない世界線由来の鈴羽です。
条件3を満たすためには、このあと2036年にMDMについて知らされた鈴羽が過去にとび、過去の鈴羽の存在を上書きしなければなりません。
よって、未来時点での大きな世界線変動点は2036年に鈴羽がタイムマシンで跳躍した瞬間だと推測されます。
この時点で執念さんはオペレーションアルタイルによって2025年時点で過去に跳んでいます
その後執念さんが失敗して消滅、もしくは岡部が生きる時代よりも過去で生活し、生涯を終えれば執念さんはRSを発動することなく、後に生まれる本編岡部にバトンタッチできます。

余談ですが、まゆりに関してはかがりと出会う2026年には存在していた方が都合がいいので、2011年に返してまゆりが無事帰還するように世界線変動させるか、或いは年老いても若く見えていたことを利用して18歳のまま2025年に送り届けるのも可能だと思われます。
鈴羽は偽名でも使ってダルとの接触を避けるか、1975年に置いて橋田鈴にでもなってもらいましょうか。

・大きく変動した場合
2025年から送信した瞬間、執念さんの記憶は1.129954'(シュタゲロにおけるアークライト発案世界線。実際には発案時に変動しているため、1.13%台に入っている可能性がある)から、SG線ではなく1.130212に上書きされます
2010年8月に岡部が過去に再び跳んだという事実は追加された世界線の未来ではありますが、その岡部の跳躍先の世界線でオペレーションスクルドが機能したかどうかは本来この世界線の未来にとっては無関係です。
その場合、MDMを送信する理自体は消えていないので送信・受信履歴共に存在し、2010年にチャレンジした回数の記憶が周囲で改変された状態に落ち着きます。
その後は、上記同様オペレーションアルタイルによって執念さんがいなくなれば、執念さんの記憶がSGに上書きされることなく本編岡部に主人公引継ぎ完了です。
スポンサーサイト
[ 2016/01/27 21:12 ] 本編 | TB(0) | CM(14)

Steins;Gate0考察4:世界線変動理由について(後編)

time-travel19

分岐点④
中鉢は亡命する際に紙媒体のオリジナル論文を持っていたため、それをロシアが入手し、世界各国へのフェイクに作成されたのが劣化版中鉢論文です。この時点で紅莉栖のハードディスクは真帆の手に、アマデウスの記憶領域は未解析、SERNはゼリーマン以上のことができないことを考えると、過去へ干渉できるのはこの時点ではロシアだけとなります。
よって、中鉢論文のオリジナル(紅莉栖論文)を手にしたロシアによる実験の結果による変動です。
岡部の推測どおり、ソ連が解体されなかったifの歴史を試そうとしたと思われます。
ソ連がロシアよりも好戦的であったためかは分かりませんが、世界大戦が2010.12時点で既に始まっており、ダルと由季の交際も前倒しで始まっているようです。
この世界線ではかがりが岡部たちに関わっていない、もしくは存在していないため、登場する由季は本物の由季です。
※2016.3発売のシュタゲゼロ資料集にて、ソ連世界線の由季もかがりのなりすましであり、車内での岡部の尋問の内容をリアルタイムで米軍に流し、それにより米軍が急遽岡部を確保。したとのこと。

日本は半壊状態のため、沖縄に臨時政府を置き、米軍の保護という名の半支配状態です。
下山に代表される日本自衛隊はFG研究所のタイムマシン技術に関する情報を得るために岡部を沖縄まで護送しますが、米軍もそのことをつかんでおり、直前でハモンド率いる米軍に下山は殺されてしまいます。
このとき、アマデウスが米軍の手に渡っているため、ストラトフォーが協力関係にあるのか、レイエスがアマデウスを奪取していると思われます。

分岐点⑤
ソ連世界線からの帰還です。
ロシアによる世界線変動そのものの記憶はロシアの技術者にはないと思われますが、ソ連内のRS予備軍の証言から、ペレストロイカが起こるように改変をしなおしたと思われます。
※2016.3発売のシュタゲゼロ資料集にて、かがり経由で得た情報とあわせ、ソ連側のタイムマシンでの世界線改変をRS予備軍の供述から推測し、アメリカ側のタイムマシンで修正したことにより世界線が変動したとのこと。

分岐点⑥
間接的なトリガーは、ダルの隠れ家でアマデウスの着信を取るか否か

・着信をとった場合
取ってしまったことによるレスキネン側への情報漏えいと、アマ紅莉栖の情報から危険を察知した岡部がストラトフォーがビルに到着する前に撤収したことにより紅莉栖ハードディスクの破壊が各勢力に確認されなかったことです(岡部の手により処分されてはいます)。結果、岡部が何か情報を握っていることを察知したレスキネンが岡部をマークするようになり、アマデウスのテスターを続けさせて情報を引き出そうとします
その後真帆が教授の洗脳にかかり、岡部から情報を引き出すことが直接のトリガーとなります。

・着信を取らなかった場合
ハードディスク以外に岡部が情報を持っていることは悟られず、ハードディスク(実際にはダルが用意したフェイク)がロシア軍により破壊された後は、アマデウスのテスターを外れたことからも分かるように特別マークはされていません。
アメリカの研究室でレイエスが苛立ってレスキネンに詰め寄ることもなくなっているため、偶然真帆が現場を除いて洗脳されることもありません
レスキネンによるアマデウスの解析時に、アマ紅莉栖も知らないタイムマシンの位置が特定されたことから、真帆デウスの記憶更新自体はこの世界線でも行われていると考えられます。※小説版ではレイエスとレスキネンの研究室での接触はありますが真帆は会話を聞かずに去っています。

分岐点⑦
まゆりがオペレーションアークライトを思いついたことにより、未来ダルによってムービーメールが作成される世界線へ変動yします。
その後の世界線の展開自体は岡部のタイムリープの前後で収束範囲内の変化があります。

交差座標のスターダスト
この世界線はアルタイル世界線の直接の未来ではなく、その後世界線が変動しています。
小説版と違い、シュタゲゼロのアルタイルの最後では萌郁にかがりが撃たれ(資料集によると死亡のようです)ているのに生存していたり、整形したかがりが整形前の大人の状態でいるのもそのためです。
[ 2016/01/19 21:47 ] シュタゲロ | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。