スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

劇場版考察7:続・リーディングシュタイナーとは?【紅莉栖の思考実験】

今回はリーディングシュタイナー(以下RS)についての考察の続きですが、説明がしやすいので小説版デジャヴを話の取っ掛かりとして進めていきます。

前回分に当たるRSメインの考察はこちら
劇場版考察1:リーディングシュタイナーとは何なのか?

作中で紅莉栖は、FG9号である宇宙標準時計の前で何度か思考実験を繰り返しています。
内容は、主観的時系列における自分を【あなた】とし、客観的時系列における自分を【わたし】とした場合に記憶にどのような影響を及ぼすのか。
ここで間違えてはいけないのが、主観的視点と客観的視点ではないこと。
あくまで、脳を伴った思考を持つ自分を主観的時系列いつ何があったのかをただ機械的に記していくだけの歴史年表を客観的時系列とする。

例として、このそれぞれの紅莉栖に1つの記憶を与えてみましょう。
2011/8/4の紅莉栖に『ラジ館で岡部の白衣を縫う』という記憶を与えます。

主観的時系列の紅莉栖は、まず海馬の検索エンジンをフル稼働させて側頭葉のデータベースから該当する状況・前後関係を探します
もし、その記憶に日付や細かい状況などがタグ付けされていたら、それらも検索ワードになると思われます。
そして辿り着くのは【エラー】

・岡部とラジ館に行ったことはない
・白衣を縫ったのは初めて
・2010/8/16には再会していない
・岡部は入院している時期


などなど、その記憶を否定するエラーが弾き出され、その言い訳として本来の意味のデジャヴとして認識し、やがて違和感を抱えつつも記憶に埋もれていく。

客観的時系列の紅莉栖は、脳に依存しないので、脳が持つ前後の記憶やそれにより産み出される性格、価値観、現在の世界線などの補正を受けず、ありのままを記憶している。
白衣を縫った記憶が存在する→その時系列・状況は今の世界線の過去にはない改変前の世界線での出来事として体験済み検索完了となる。

つまり、主観的時系列現在の世界線に存在する、脳という器官を基に生成された記憶のなかで、その脳が持つ常識として、辻褄を合わせながら処理していく、本来の人間の状態
対して客観的時系列は完全なRSの状態である。

もちろん紅莉栖はRSを持たないので、紅莉栖が思考実験をする際の客観的時系列とは、現状の持ちうる記憶を総動員して、デジャヴの記憶を否定しないで、淡々と見つめ直す事しか出来ません
この実験は、擬似的にRSの状態を定義し、新たな視点から見ることで、脳に支配された領域の記憶への影響を見るものです。
分かりやすくいうと、デジャヴによって得た記憶を、脳のエラーとして辻褄合わせをしていた状態を、他世界線の記憶だから辻褄合わせは必要ないという状態に持っていくことができた場合に、それらの記憶を受け入れることができるのか、更に連鎖的に他世界線の記憶を得ることができるのか、RSのような能力が得られるのかなどなど、観察するための思考実験である。

今回紅莉栖は、肉体に囚われない客観的時系列の記憶を、『記憶のメモ帳』に記してあると表現しました。
それが真か偽かは問題ではなく、議論に使う道具としての解りやすい表現であるため、別に魂に刻まれているでも、常時他世界線と記憶の相互通信をしているでも何でもいいですが、それに類似する、脳に囚われない何かがあるのは間違いないでしょう。少なくともsteins;gateの世界では。

『そんなファンタジーに頼らずに脳の機能だけでも補える』と考えたらどうでしょうか?
世界線が移動すると、記憶だけが書き変わりその他物質に影響はないというなら、側頭葉というハードディスクに上書きされた記憶の下に不可視化された古い記憶データがあってもおかしくはないが、事はそう単純ではありません。
街の建物が変わったり、死んで墓の下で朽ち果てている人間が生きていたりするように、目に見えて比較ができないだけで、分子レベルでは脳の構造も再構成されています。
とある世界線では他の世界線より1時間だけ多く勉強して、脳の処理能力がわずかに早いかも知れません
また、とある世界線では事故により脳の一部が失われ、機能代償で補っているかもしれません。
それらの脳は果たして同一だと言えるでしょうか?
記憶の上書きというと、同じHDD(側頭葉)のデータ(記憶)を書き換えたように聞こえますが、実際にはHDDごと置き換わっているのです。外付けHDDならUSBごと取り替えている感じですね。

ここまでをまとめると、
・デジャヴには記憶のメモ帳のような外的要因が影響する
・記憶以外に脳の構造も再構成される


さて、ここけら視点を変えて岡部に当てはめてみよう
岡部は紅莉栖と異なりRSを持つため、客観的時系列のメモ帳から更に多くの情報を引き出せる。
しかし、これでも実は思考実験は出来ても、真の意味での客観的時系列の視点に立つことはできない
何故なら、思考を行うのは脳であるから。
記憶のメモ帳にあるべき記憶主観的時系列である脳へと取り込んで、連続した記憶として脳が処理をしているのである。

記憶のメモ帳に記される記憶が、クオリアを持つ岡部が体験した世界線の記憶のみを刻むものなのか、あらゆるすべての世界線の過去から未来までの記憶をあらかじめ持っていてその一部しか取り出せていないだけなのかは解らないが、どちらにせよそれらのデータ量はとてつもなく膨大なものになる。しかも脳と違い、取捨選択によって忘れる、といった行為がなされないため、とても3.24TBでは収まらない

そして当然のことながら、岡部は新たな世界線の過去の記憶は引き出せない。その世界にとって当たり前の事に実感を持てない、【ジャメビュ】というエラーを引き起こしているようなものである。

人はどんなにデータベース(記憶のメモ帳)を充実させても、脳の処理能力が追い付かない。この先岡部がRSの能力を拡張しようとも、現状の岡部以上の事は出来ない。
『すべての世界線の記憶をまとめられないのは脳の処理能力に限界があるから』とは紅莉栖の談。
人が神の視点に立つならば、脳という器官から脱却しなければならないのである。


脳の構造が世界線ごとに変わる場合、もう1つ考えなくてはならないものがある。
岡部のRSの力は、脳に依存しているのか否か。

公式に準拠するための考察である以上、まずは今現在公式の情報をまとめてみよう。
・岡部は2000年の発熱の際に宿ったとされている。(公式資料集内インタビュー)
・RSはデジャヴの延長上の能力(劇場版公式資料集内インタビュー)
・脳の記憶異常かもしれない(紅莉栖と鈴羽の考察)


ここで3つめは登場人物による考察なため、除外も可能です。
ひとまずわかることは、岡部のRSは後天的であるということ。
RSがそれ単体の現象をさす名称ではないなら、デジャヴ能力は先天的には持ち、後天的に能力の拡張・世界線感受性の増大が起こったということでしょう。
きっかけは2000年問題が起こるかどうかの大分岐点だったためか、2000年時点のジョン・タイターによる介入によるものかといったところでしょうか。

では、あの発熱はRSのために起きたのか、それとも発熱によりRSが起こるようになったのか
前者の場合発熱自体は子供の体に初めて体験するRSということで強く症状が出たと思われます。本編中でもRSの目眩には慣れがあるようなので。
では後者の場合はどうでしょう?
高熱による脳の器質的変質によるリミッター欠損によりRSを発動するようになったと言えるでしょうか。
『発熱程度でRSが宿るならRS所有者で世界は溢れている!』と反論したくなりますが、そもそも岡部以外のRS所有者がいても、幻覚(変動前の世界線)を立て続けに見て、支離滅裂なことを話す精神異常者のレッテルを張られてしまっているはずですし、熱でなる確率が高かろうが低かろうが、確率の大小は決定論が半分支配するアトラクタフィールド理論の世界ではあまり影響がない気もします。
※一部追記※
ちなみにエピグラフでは他のRSの影響を受けたらしき一般人は、『新型脳炎』として診断を下され、治療を受けているようです。
これらの患者は例え辿り着いた先がSGだったとしても影響はあると思われるので、何とか治療が完了して社会に復帰して欲しいものです。

話を戻します。
RSが脳の異常であった場合、もしも異常のない世界線に移動したらどうでしょうか?
基本はRSを宿すことが複数のアトラクタフィールドにまたがった大収束であると思われますが、全てで宿すとは断言できません。
その世界線ではあたかも能力が消失したかのように見えると思います。
デジャヴとしてのわずかな記憶や違和感は残るとは思われますが。
そしてその世界線から外れてRSがある世界線に戻ったときに、そこまでの過程を全てリセットされてしまうのか、データベース(記憶のメモ帳)から記憶を再度引き出して、RSがない世界線以前の過程も継続できるのかまではわかりません。
しかしこれにより、アンダーリンのようなRSが発動しなくなった状態の考察の材料にすることや、本編の岡部以前にも忘れ去られた物語が広がっていた可能性岡部がRSに翻弄されずに生きる世界の可能性などを示すことはできると思います。
スポンサーサイト
[ 2013/06/29 22:42 ] 劇場版(デジャヴ) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://altevid.blog.fc2.com/tb.php/16-8b2566ad







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。