スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

劇場版考察3:アクティブ世界線について

劇場版では、岡部が途中でSG世界線からR世界線へと移動したわけですが、
『どうして岡部がRに移動したらアクティブな世界線がRに移動しないのか?』
という疑問もあるようなので今回はアクティブ世界線(以下A)について考察していきたいと思います。

『アクティブな世界線は常にひとつ』
これは原作からのアトラクタフィールド理論の中の定義のひとつです。
これにより、世界線が移動したら以前の世界線はOFFになり、新たな世界線が世界の在り方になります
これが複数である場合、世界は世界線理論から他世界解釈となってしまうので、絶対条件です。小説にあるような重複世界線も、あくまで可能性の範囲が重複している1つの世界線であって、2つがAになっているわけではありません。
ちなみに他世界解釈の場合以下のような不都合が起こります。

・他の世界線に移動しても移動前の世界線は書き換えられることは無く続いていく(つまり自分ひとりだけ不幸から逃げ出して、まゆりを助けたつもりで同じ顔した別の他人と平穏に暮らすが、自分以外は確定した不幸を味わうことから逃れられない)
・記憶は書き換わることは無い(その固体は岡部が移動する前から、更に言えば移動しなくてもその世界の記憶を持って生きてきた)

さて、Aが常に1つであるとして、『劇中で岡部がRに移動している間は、SG世界線からRへAが移ったことになるのではないか?』という疑問について考える前に、『どのような場合にAは移動するのか?』について明らかにしよう。
答えは簡単、『結果が変わった』から。ここでいう結果は、わかりやすく言えば過去とか未来という言葉に置き換えてもいいが、考察2で触れた『世界線における決定論部分』のことを指す。それに伴って、岡部のクオリア(簡単に言うと意識)は移動してきた。
そう、【結果の改変・A移動】 ⇒ 【岡部のクオリア移動】である。ここで重要なのがひとつ、【結果の改変・A移動】 ⇔ 【岡部のクオリア移動】ではないということ。
原作ゲームや本編では、岡部を主人公として岡部から見た視点を描いてきたから勘違いしやすいが、『世界線の移動に岡部がついていってる』だけであって、『岡部の行くところに世界がついていっているわけではない』ということである。
【岡部=観測者】であり、観測者は可能性の【選択者】ではない点に注意が必要である。量子論においても、観測者によって重なり合った可能性を1つに観測することは出来ても、自由にそれを選択することは出来ない。観測者が神の視点ならば、選択は神の力そのものであるといえる。

さて、話を戻すと、劇場版で岡部がRに移動する際に、結果の改変は起きていない。岡部だけが移動しても、世界線は変わらないのである。
世界線が変わらなければA世界線が移る事も無いので、SG世界線自体は何事もなく存在することが出来る
そして岡部は、AであるSGから単独で非AであるRへと移動したことになるのだが、そのことについてはまた次回もう少し詳しくおっていこうと思います。
スポンサーサイト
[ 2013/04/29 22:16 ] 劇場版(デジャヴ) | TB(0) | CM(1)

初めまして

初めまして、トラネコと言います。
シュタゲオフ会のページからこちらを見つけまして、気になるところを読ませて頂きました。

私にはかなり難しい内容も多かったのですが、ヒントになる所もたくさんありました。
「R世界線の存在は矛盾しているのでは?」と思っていたので、こちらを参考に、自分でも考えてみたいと思います。

まだまだシュタゲ初心者(?)なので、他にも読ませて頂きたいと思います。
よろしくお願いします♪
[ 2013/09/01 19:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://altevid.blog.fc2.com/tb.php/3-6e4b18d5







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。