スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

モザイシズム考察2:設定、出来事の違い

モザイシズムの世界は、本編の世界とは異なる特徴があります。
大きな特徴として、人物の分裂という概念が存在することです。
分裂鈴羽自体はフェノグラムの幽霊障害のランデヴーが元ですが、そのシナリオ自体は林直孝氏のものではないため公式設定からは除外して考えます。
この現象については、この世界固有のものとして別段考察することもないので今回は割愛します。

次の特徴として、収束の緩和が挙げられます。
モザイシズムの世界で重要なのは【まゆりの死】【SERN支配】【2025年までの岡部の生存】であり、そのほかの出来事に関しての規制は、通常のα世界線と比べると大分緩くなっています
例として、

・ロト6を当てる事ができる
・鈴羽の誕生を行動修正だけで左右できる
・萌郁の死を回避できる


などなど。
ロト6は狙いを1等にしたと言う違いもありますが、大きな違いは実際に当選してしまったという点です。その後怖くなった岡部が取り消しメールを送っていますが。300万円騒動時も最終手段として考えてはいたようです。
人の生死をDメールを用いずに変更できるのは大きな点ですね。
人の生死で言えば、紅莉栖が2034年で死亡せずに未来で生き残っているのも特徴のひとつでしょうか。この場合はこの世界線では元々死なない収束である可能性もありますが。
ダルの行動修正に関しては、通常のメールではなく紅莉栖が14日深夜から13日夜以前宛てにDメールを送った可能性はあります。
岡部が確認できた最後の鈴羽の姿が13日の夜であるため、タイムリープ先としては13日である可能性が高く、その少し後にダルに問い詰めたとなると、日付としてはDメール送信の方がしっくり来る。
しかし、RS発動タイミング時に岡部はラボのPCで雷ネットをしていたため、寝落ちしていたとしても気付かれずに送信は難しいかと思い、あくまで通常メールでダルに送ったと解釈しました。その場合岡部のタイムリープ先は14日でしょうか。

他にも内容から推察できる例として、鈴羽がジョン・タイターの書き込みを行っていない可能性も考えられます。
岡部がIBNに対する執着を持たなかったのはこのためでしょう。
そのため、フェイリス杯参加理由も異なります。
更に加えて偽Dメール騒動によりタイムマシン研究が表向きは中断したため、SERNにタイムリープマシンの存在が洩れる時期が大幅にずれ、ラウンダーからの襲撃もごく一部の世界線でしか起こらなかったといえます。
スポンサーサイト
[ 2014/04/23 20:11 ] モザイシズム | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://altevid.blog.fc2.com/tb.php/32-e9f8fbb7







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。