スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

本編考察4:執念さんの記憶は上書きされるのか?

この記事ではシュタゲゼロのネタバレも含みますので、未プレイの方はご注意ください。

執念さんは2025年にムービーメールを作成し、2010年7/28にDメールとして送信します(以降MDM)。
このMDMは、本編開始時の1.1304261.130205では砂嵐のメールとして受信し、紅莉栖を救出するために再度立ち上がる1.130212でのみ内容のあるメールとして存在します。
では、このMDMを送信した瞬間、執念さんの視点で世界線変動が起こり、RSの発動によってSG世界線の2025年において記憶が執念さんのものに上書きされてしまうのでしょうか?
2025年以降のSG世界線の岡部を取り扱った公式作品がないため、執念さんが記憶の主導権を握っても矛盾は起こりませんが、折角なので本編岡部が幸せに過ごすためにも、執念さんの記憶が上書きされない理由を考えて見ましょう。

まずおさらいとして、世界線変動とRSについて確認です。
世界線変動は、何らかのアクションによって過去~未来が変更されることによって起こります。
RSの発動や記憶改変は、その規模が収束範囲を超えた場合に発動します。
つまり微細な変動で、いずれ収束する程度の変動ではRSは発動しません

では、執念さんのMDMはどの程度世界線変動させたのでしょうか?

・微細変動だった場合
私が推奨するのはこちらの考えです。
シュタゲロで執念さんがMDMを送った際に、RSが発動している描写がないことも理由のひとつですが、それ以外にも以下の理由があります。

2010年に岡部がオペレーションスクルドを実現させるまでに、未来からの干渉で必要なフラグは3つあります。
1、オペレーションアークライトを完遂すること
2、MDMを送ること
3、MDMの受信を知った鈴羽が2036年から跳躍すること


1は鳳凰院凶真を復活させるために必要な条件ですが、これだけでは立ち直ったとしても紅莉栖を救う方法が分かりません。
2は紅莉栖を救う方法を2010年の岡部に理解させるために必要な条件です。この時点で条件1が過去に達成され、鈴羽も過去に存在しているため全ての条件が達成されているように見えますが、この鈴羽はMDMについて知らない世界線由来の鈴羽です。
条件3を満たすためには、このあと2036年にMDMについて知らされた鈴羽が過去にとび、過去の鈴羽の存在を上書きしなければなりません。
よって、未来時点での大きな世界線変動点は2036年に鈴羽がタイムマシンで跳躍した瞬間だと推測されます。
この時点で執念さんはオペレーションアルタイルによって2025年時点で過去に跳んでいます
その後執念さんが失敗して消滅、もしくは岡部が生きる時代よりも過去で生活し、生涯を終えれば執念さんはRSを発動することなく、後に生まれる本編岡部にバトンタッチできます。

余談ですが、まゆりに関してはかがりと出会う2026年には存在していた方が都合がいいので、2011年に返してまゆりが無事帰還するように世界線変動させるか、或いは年老いても若く見えていたことを利用して18歳のまま2025年に送り届けるのも可能だと思われます。
鈴羽は偽名でも使ってダルとの接触を避けるか、1975年に置いて橋田鈴にでもなってもらいましょうか。

・大きく変動した場合
2025年から送信した瞬間、執念さんの記憶は1.129954'(シュタゲロにおけるアークライト発案世界線。実際には発案時に変動しているため、1.13%台に入っている可能性がある)から、SG線ではなく1.130212に上書きされます
2010年8月に岡部が過去に再び跳んだという事実は追加された世界線の未来ではありますが、その岡部の跳躍先の世界線でオペレーションスクルドが機能したかどうかは本来この世界線の未来にとっては無関係です。
その場合、MDMを送信する理自体は消えていないので送信・受信履歴共に存在し、2010年にチャレンジした回数の記憶が周囲で改変された状態に落ち着きます。
その後は、上記同様オペレーションアルタイルによって執念さんがいなくなれば、執念さんの記憶がSGに上書きされることなく本編岡部に主人公引継ぎ完了です。
スポンサーサイト
[ 2016/01/27 21:12 ] 本編 | TB(0) | CM(14)

詳しい解説ありがとうございました!
これで気になっていたことを解消することができました
ほんとうにありがとうございます!
[ 2016/01/27 23:49 ] [ 編集 ]

>葉っぱさん
お役に立ててよかったですヾ(*・ω・*)ノ
[ 2016/01/28 00:56 ] [ 編集 ]

何度も質問してしまいすいません、また少し気になることがあるのでコメントしました
オカリンがα世界線から帰ってきた後のβ世界線で来た鈴羽は未来のオカリン(この場合タイムマシンで救出に向かっていない)とダルが
「クリスを救うことが第三次世界大戦を無かったことにできる方法だと言っていた」
と言っていました。
しかし、このオカリンはまゆりの件でクリスは救えないと思っています、それなのにタイムマシンを過去に送った理由がわかりません
いくら第三次世界大戦が嫌だからといって解決方法(クリスを救う方法)もなくタイムマシンを作るというのは無謀な賭けすぎると思います。

私なりに考えたら、救出に向かわなかったオカリンがデジャヴで執念オカリンの世界線でないとSGにいけないことを知り鈴羽に嘘を
ついて執念オカリン世界線に変えさせるようにした

という流れなら全てつながると思うのですが少し意見をいただいてもよろしいでしょうか
[ 2016/02/01 00:27 ] [ 編集 ]

楽しく考察読ませて頂いています。

執念さん上書きについては、私も同じようにモヤモヤしていたのでとてもスッキリしました!ありがとうございます!

もうひとつ疑問な個所があるのですが、ずばり「盟誓のリナシメントにおいてDラインを送った岡部はどこに漂流(RS)するのか」です。

色々考えた結果、私はDラインを送った瞬間にSG世界線へと飛ぶのかなと思いました。なぜなら交差座標のスターダストで岡部は「別の世界線から届いたそのメッセージが、俺に勇気を与えてくれた」と、他人事のように言っていましたから。

1回のRSにつき複数の世界線を連続して飛び越えることができることを考慮すると、Dライン送信時に世界線は収束し、リナシメント岡部は2011年12月18日のSG世界線に飛び、SG岡部の記憶を上書きしてしまうのではないかと。。。

既に回答を出されていたら申し訳ございませんが、あるてさんのご意見をお聞かせ願いたいです。
[ 2016/02/01 21:10 ] [ 編集 ]

>ジャンクさん
コメントありがとうございますヾ(*・ω・*)ノ

・Dラインを送った岡部はどこに漂流(RS)するのか
という点ですが、私の考えでは『Dライン単体では世界線は変動しない、もしくは大きく変動しない』と思っていますので、リナシメント岡部はあの世界線に骨をうずめると思います。
まず第一の理由として、Dラインそのものによってエピグラフ~の2010年付近での岡部の行動に影響が与えられた形跡がないことがあげられます。
あのDラインは、アルタイル世界線をたどった岡部が、2025年までの間にオペレーションスクルドを構想するために必要なフラグです。
あくまでフラグのひとつであって、Dラインにスクルドの概要が記されているわけではありませんので、上記の執念さんの変動フラグのように大きな世界線移動は起こらないと考えられます。
また、リナシメント岡部では2010年時点で立ち直るためのオペレーションアークライトに関連する出来事を経験できないため、 執念さんになることもできません

・Dラインを送った瞬間にSG世界線へと飛ぶのか
世界線が変動したとしても、その可能性は執念さんがSGに行くより低いと思います。
まず、単純に途中で経由する世界線の数と、その中で立てなければならないフラグの数、分岐パターンが多すぎるからです。
Dラインを1.081163→1.129848に届かせる問題も現状解決していません(詳細はこちらの記事のコメント欄でhttp://altevid.blog.fc2.com/blog-entry-41.html#comment_list)し、その後の岡部が選択を間違えてスティグマ世界線へいってしまうかもしれませんし、何かの違いでスクルドが考案されていない世界線に進むかもしれません。
あくまで可能性を繋いでいるだけなので、もし世界線を移動するとしたらその先の可能性世界線のどこに着地してもおかしくありません

・「別の世界線から届いたそのメッセージが、俺に勇気を与えてくれた」と、他人事のように言っていました

これは、リナシメント岡部と執念さんは、別固体の岡部だからです。
本編岡部と執念さんの関係のようなものですね。
執念さん→本編岡部への交代は上記の記事内容でいけると思います。では、リナシメント岡部→執念さんの場合はどうなるか。
執念さんのRSを中心にするには、まずはその前に存在しているリナシメント岡部には退場してもらわなければなりません。そのための一例を示してみます。
リナシメント岡部はあのまま行けば2025年に精神的死亡その後アマデウス応用で2036年に目覚めることになります。※ホントに死んだらそれで問題なし。
2036年で目覚めた岡部は、今度はタイムリープを行わずに、鈴羽のタイムトラベルを見送ります。すると、上記の執念さんの時同様に2036年に世界線変動が起こります。すると、岡部はRSが発動する、かと思いきや、リナシメント世界線以外では基本死亡しているため、移動した瞬間リナシメント岡部はそこで終焉を迎えます
そして過去に跳んだ鈴羽の世界線にいる岡部(後の執念さん)が新たな岡部となることで、バトンタッチ完了です(つ・ω・)つ

・1回のRSにつき複数の世界線を連続して飛び越えることができる
これはあまり考えない方が混乱しないかもしれません。
変動先の世界線の変動先の世界線の先の~・・と無限に先まで同時に変動してしまうと、例えば最初のβ世界線から紅莉栖刺されたメールを送った瞬間の変動で、α世界線の出来事が全て連鎖的に達成されてエシュロンからメール削除して戻ってきたβ世界線に移動してしまうことも考慮しなければならなくなってしまうので、あくまでも変動先の1つ先まで行ってる可能性がある程度の方がいいかと思います。
最低でもリナシメント世界線~SGまでの間には、1,129848のほかにソ連世界、1.129954、アークライト発案世界、1.130205、1.13212などかなりの経由が必要になります。

・リナシメント岡部は2011年12月18日のSG世界線に飛び、SG岡部の記憶を上書きしてしまうのではないか
上記の理由からSG線への上書きは起こらないかと思います。
もしもものすごい奇跡的(というか破滅的)偶然が起こって上書きされた場合、オペレーションスクルドを知らないため何故SGに辿り着けたのか岡部には分からず、2011年8月に紅莉栖の努力によってR世界線から帰還した岡部の記憶も失われてしまうため、再び岡部は消滅してしまうかもしれません。
以上が私の予想する見解です(つ・ω・)つ
予想とは違う答えだったかもしれませんが、少しでも考察の足しになれば幸いですヾ(*・ω・*)ノ
[ 2016/02/02 20:55 ] [ 編集 ]

>葉っぱさん
またまたコメントありがとうございます。
これが正解!問いえるほどのことは現状ではわからないため、あくまで可能性のありそうなものを幾つか考えてみました。
まずその前に状況を整理しますが、タイムマシンは岡部が協力しなくてもダルが作ります
ダルはシュタゲゼロを見るとわかる通り、岡部が諦めても未来を変えることを諦めないため、タイムマシンの完成は収束します。
次に、鈴羽を送る理由ですが、これもシュタゲゼロで触れられているように、安全な世界へ娘を逃がしたいという親心もあるかと思いますので、作戦が未完成でも襲撃者に囲まれている状況から鈴羽を逃がすことはしたと思います。

上記から鈴羽が来るのは確定するとして、問題は紅莉栖を救う未完成の作戦を立てたという点ですね。
2025年の岡部がどういう状況で生きてきた岡部かで考えて見ます。

・1.130426(本編スタート時)の本来の未来を生きた岡部の場合。
紅莉栖刺されたメールで本来は世界線変動しますが、変動しない前提の未来も当然あります。
α世界線を経験しなかった岡部の未来ですので、まゆりの収束を知らない可能性はあります。
本編で鈴羽が現れたとき、鈴羽はα世界線について知らなかった様子ですので、この線も十分考えられますが、RSの経験も乏しいだろう岡部が世界線の狭間を目指す理由にはならないため、この可能性は低いかもしれません。

・鈴羽と共に1度も過去へ跳ばずにに紅莉栖を刺し殺していない岡部の場合
紅莉栖の救出を試みた経験がないため、紅莉栖の死が収束の範囲なのか、秋葉幸高のように収束外なのかまだ確信できていない状態です。

・リナシメント岡部のように、無理でも何回でもチャレンジ使用と覚醒した岡部の場合
失敗前提でループを覚悟の上でチャレンジさせようとしているパターンですね。

とりあえず3パターンを考えてみました。
また何か思いついたら追記していきます(つ・ω・)つ
[ 2016/02/02 21:25 ] [ 編集 ]

なんどもお返事をしていただき本当にありがとうございました
また何か気になることが出てきたらコメントさせていただいてもよろしいでしょうか
[ 2016/02/02 21:45 ] [ 編集 ]

>葉っぱさん
一人じゃ思いつかないこともあるので、是非是非よろしくお願いしますヾ(*・ω・*)ノ
[ 2016/02/02 23:08 ] [ 編集 ]

ありがとうございます!!
[ 2016/02/03 00:56 ] [ 編集 ]

>>あるてさん

ご回答ありがとうございます!
全てとても納得できました。

Dライン送信後から交差座標のスターダストまではかなり世界線が変わっていたので、今までの先入観からRSが発動するものとばかり思っていました。しかし今回は「バトンタッチ」という記憶を共有しないアクティブ主人公交代があるということが盲点でした。。。
何かアクションを起こしてもそのままその世界線に居続けるというのもあるのですね。つまり「どの時間が変動ポイントになっているか」が重要なんですね。


>>最初のβ世界線から紅莉栖刺されたメールを送った瞬間の変動で、α世界線の出来事が全て連鎖的に達成されてエシュロンからメール削除して戻ってきたβ世界線に移動してしまうことも考慮しなければならなくなってしまう

それもおっしゃる通りですね。最初βからαに飛んだ際には近似している世界線だから連続して通り越していたのかもしれませんし。(それか製作者側がプレイしている我々に分かりやすく、都合よく世界線をスキップさせたとか)


結果SG世界線にリナシメント岡部及び執念岡部が飛んでいく可能性が減りとても嬉しいです。
今回は私の考えを否定してほしかったのでスッキリしました!ありがとうございます!
[ 2016/02/03 21:38 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>ジャンクさん
お役に立ててよかったですヾ(*・ω・*)ノ
また何か疑問がありましたら一緒に考えていきましょう(*・ω・)b
[ 2016/02/05 20:23 ] [ 編集 ]

時間が空いてしまってすいません。
ふと疑問に思ったのですがSG世界線に行くために

・オペレーション・アークライトの成功でオカリン復活
・オカリンがMDMを送る
・鈴羽がMDMのことを知った上で再度タイムマシンで飛び上書きする

この三つが必要といっていましたが鈴羽を上書きというのがよくわかりません、、、理解力がなくてごめんなさい

私は最初オカリンが一回目のタイムマシンでの救出に失敗した時点で世界線が執念オカリン世界線(最終的に執念オカリン世界線になることが決まっている)
になりこの時点で一回目の救出を手伝った鈴羽を中心に世界線変動により記憶の改変(執念オカリンよりMDMのことを知らされたという記憶を持った鈴羽に書き換えられる)
が起こり「岡部倫太郎、いまならみれるはずだよ」の会話が始まり
二回目の救出へ-> 成功-> 帰還-> SG世界線へ
となるということが鈴羽の上書きなのかなと思っていたのですが実際はMDMを受け取って世界線変動が起きていません(微小な変動だから?、、、)
ということは私が思っていたことが間違えていたということがわかりました。

何度も何度もわかりにくい文章ですが、少し説明していただけるとありがたいです。
[ 2016/03/02 00:42 ] [ 編集 ]

あるて

>葉っぱさん
まず、ゼロ岡部(のちの執念さん)にとっての2010/8では、救出に1度失敗してもオペレーションスクルドを考案する未来が作られていないため、鈴羽はMDMのことも知らないし、MDMも砂嵐のままです。
その後、前述のとおりMDMが送られたことを知らされた状態の鈴羽が、執念さんの未来で出発することで、2010/8に現れる複数の可能性の鈴羽のうち、少なくとも『執念さんが生まれる予定の世界線上における鈴羽』はMDMについて知っている状態の鈴羽になります。(ゼロ岡部にとっての2010/8では、たとえ執念さんが生まれる予定の未来でも、この鈴羽は現れません)

その後本編岡部の2010/8に最初に現れた鈴羽が初めからMDMの情報がない状態の鈴羽であっても、葉っぱさんのおっしゃる通り1度失敗して執念さんが生まれる世界線に戻ってきた瞬間に、鈴羽本人も知らないうちに記憶が改変され、あたかも最初から1度失敗させるつもりであったかのようにふるまうことになると思います。

またMDM受信による世界線変動に関してですが、MDMは正確には8月に届いているわけではなく、7/28にすでに届いていたものの内容がすり替えられているだけなので、岡部の主観意識はそのタイミングに立ち会えないので、大きな変動かも不明です。
こんな感じでしょうか?(つ・ω・)つ
[ 2016/03/03 21:04 ] [ 編集 ]

何度も丁寧に質問に答えていただき本当にありがとうございます!

一度失敗しただけでは鈴羽の記憶は変わらないので失敗した後に執念オカリンが
鈴羽を送り出して一度失敗したときの鈴羽の記憶をMDMを知っている状態にする必要があったのですね。

[ 2016/03/03 21:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://altevid.blog.fc2.com/tb.php/43-44aef495







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。