スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

討論1:SG線の過去に橋田鈴は存在できるか?(前半)

長いので今回も前後編に分けます。

先日いくゆさんと論議した内容の一部を、見やすくまとめてみました。
他の内容についてはまた時間が有るときに後日のせたいと思います。

原文はこちら

前回の考察『SG線なのに大檜山ビルにラボがある理由』の中で、SGの過去に橋田鈴が存在する可能性を仮定しました。
さて、本当にそれは可能なのか?
それに対する反証材料として、
『タイムマシンを使うと世界線は完全に再構築され、記憶だけが0.337187の鈴羽に改変されるだけではなく存在や出来事も0.337187の鈴羽に改変されます。』
という指摘を頂きました。
さて、これはつまりどういうことなのか?
まず、タイムマシンにおける世界線変動の可能性を大きく4つに分けてみましょう。

time-travel01

上記の状況は、X世界線の未来の鈴羽が過去にタイムマシンでタイムトラベルし、Yの過去に到着後、Dメールなどで世界線がZに移動した状態です。

Case1
X鈴羽の存在自体が他の世界線移動し、存在できるケース。
しかしその場合、1つの世界線Yに、同時期同時刻に到着予定の複数の未来鈴羽X,A,B,C・・・・が存在できる可能性も否定できなくなる。未来鈴羽が重複してしまうのは流石に問題が多い。また、Xの世界線の固体のため、Y→Zへ改変されるときに改変の影響を受けなくなってしまう可能性も考えられるため、今のところ除外した方が良さそうです。

Case2
1との違いは、その存在自体がその世界線のものとして定義されているため、Case1のような未来鈴羽の重複問題は起きず(その世界線の鈴羽は常にその1人だけ)、その固体は『違う未来から飛んだ』という事実を前提に存在しているため、Yの鈴羽でありながらXの未来を知る鈴羽となる。
Zへと世界線が改変されたら、『XからYへ飛んだ』という事実から『XからZへ飛んだ』という事実に改変されるため、Zの鈴羽にはYへ飛んだという記憶はなく、始めからZへ飛んだ記憶に改変される。

ちなみに、アークライトのようなタイムマシンが2台の状況は、それぞれの未来鈴羽の目的や跳躍前の時刻が異なり、且つ跳躍後座標と時刻をわずかにずらせば、未来鈴羽重複とは前提条件が異なるので、Case1でなくてもどのケースでも作り出せる。簡単にあらわせば、3歳の自分が居る時代に10歳のときと20歳のときの両方の時間にタイムトラベルするようなもの。

これを前提に私は考察を立てましたが、ここで指摘されたのがCase3の存在です。

Case3
2との違いは、どの未来の記憶を持っているのか?ということ。
世界線変動による記憶改変が、タイムトラベル以前の記憶まで影響し、その世界線のものに改変されてしまっている可能性です。
確かに、鈴羽の発言は『タイムトラベル時に世界線がずれる』ことと、『元いた世界と数値が変わっている』ことしか発言はないので、以前の世界線の未来の記憶を維持しているとは断定できません
Yに飛んだXの鈴羽は、記憶改変によりYの未来を持つが、タイムトラベルした事実から『YではないXやZからきたはず』という推測を話せただけの可能性があります。
このCase3が真であるとすると、SG世界線へ分岐予定の状態の、分岐点以前のα・β・SG複合の過去へ飛んだα鈴羽は、SGの未来の記憶に改変されてしまい、存在理由自体に大きな齟齬が生じてしまうため、本編考察は成り立たない可能性が高くなってしまいます。
ちなみに、Case4はタイムマシンでは世界線は変わらず、その世界線の未来から直接現れることが定義されている場合です。これは鈴羽の『タイムトラベル時に世界線がずれる』発言とは矛盾しますが、アトラクタフィールド理論にはRSのような穴があるため完成された理論とは言えず、鈴羽の理解が間違っている可能性や、例外が存在する可能性もあります。
ちなみに劇場版のSGの未来からSGの2011に来た鈴羽は、Case3と4どちらでも実現は可能ですが、3の場合はSG以外から偶然SGに飛んで記憶改変という手間が必要になります。

これらのケースが必ず1つのみが真であるというよりも、前提条件によって2つのケースの片方が適応されるという場合も考えられます。しかし、その前提条件を憶測で設置するよりも、今回は1つのケースに絞って推論を立てていきましょう。

後半へ続く
スポンサーサイト
[ 2013/05/21 23:38 ] 本編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://altevid.blog.fc2.com/tb.php/8-d9f3acef







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。