アニメSteins;Gate 0 13話:回折叙唱のマザーグース

13話【回折叙唱のマザーグース】が公開です。

sgz131.jpg
前回でついに記憶を取り戻したかがりですが、1998年~2010年までの記憶を持たず、幼少期の無邪気さを隠さない姿に、茫然とするラボメン達。
かがりに対して複雑な思いを持つ鈴羽はいら立ちを募らせています。
すれ違いから衝突する鈴羽とかがりですが、1998年に別れた際の記憶の齟齬に気付きます。
誰かるか子の質問に答えてあげてください・・・(`・ω・´;)

sgz132.jpg
森の妖精さんうーぱのスマホケースをプレゼントされて喜ぶかがり。

sgz133.jpg
相変わらず魔笛のみを流しながら街を走り続ける街宣車。

sgz134.jpg
かがりの記憶の齟齬から、記憶喪失に第三者の介入を疑う岡部はブラウンに相談し、洗脳の可能性を聞かされる。
そこへかがりを探している連中を探っていた萌郁から、かがりの発見場所から半径5km圏内にある、登記上存在しない建物の情報をつかんだ事を知り、萌郁のもとを訪ねた岡部。
真帆が帰国した後も相変わらずフェイリス邸に居ついており、部屋は相変わらずの惨状。

sgz135.jpg
かがりにあたってしまったことを反省する鈴羽。
つけている手袋は由季からもらった羊の毛製の手袋。
まだ冬なので息も白いですね。

sgz136.jpg
かがりの記憶が戻ったお祝いのサプライズパーティーの開催を言い当てたかがり。
得意げに推理をするしぐさがどことなく紅莉栖を彷彿とさせます。

sgz137.jpg
パーティーに一人で向かう途中、例の魔笛を聞いたかがりは、隠されていた記憶を思い出したかがり。
その脳裏に浮かんだのは、PTSDの治療を受けていた2032年当時のことだった。
そして【神様の声】に命じられるがまま、ふらふらとどこかへ去っていきます。

sgz138.jpg

sgz139.jpg
萌郁とともに例の施設を探索している岡部達。
山奥に巧妙に隠され、携帯の電波も遮断され、廃墟を偽装された施設。
隠し通路の奥でかがりが監禁されていた部屋を発見する。
いったい誰が?その考えもまとまらぬまま、電話口でまゆりから伝えられたのは、かがり失踪の知らせだった。

次週はシュタゲゼロ放送はお休みのようですね。
制作の進行がきつきつらしいので、いいアニメを作っていただくためにも、この1週間で少し余裕が生まれるといいですね。
[ 2018/07/06 21:26 ] アニメ版シュタゲゼロ | TB(0) | CM(1)

アニメSteins;Gate 0 12話:相互再帰のマザーグースまとめ

12話【相互再帰のマザーグース】が公開です。
今回も世界線の動きはないので、少しかがりについて(重要なネタバレは回避して)補完しながらまとめる程度で。
ゲームのイベントとの比較表でも作ろうかとも思いましたが、ネタバレを回避しながら作らなきゃならないのが難しくて見送ってます。

sgz121.jpg
幼いころのかがりがまゆりの養女になった時。
とある施設でPTSD(心的外傷後ストレス障害)治療を受けています。
まゆりと本当の家族になれたことに喜ぶかがり。
まゆりに歌を教えてもらいながら歩いていますが、線路上に瓦礫があったり、踏切のポールが折れているなど所々荒廃した面影が見て取れます。

sgz122.jpg
大学にて井崎准教授にレポートの出来を褒められる岡部。
岡部はヴィクトルコンドリア大学に留学するために、勉強に今まで以上に励んでいるようです。ラボでもレポートを書いている姿がありますね。
しかしこの井崎准教授、1話とまるで別人のようですね・・・

井崎准教授
1話の絵コンテで【伊崎】と殴り書かれていたのですが、これはもしや井崎の誤字ではなく、伊嶋、仲馬のような別人の名前だったのかも?しかしそれらの名前のキャラは登場していませんし、謎が深まりますね・・・
ちなみに井崎准教授はテニスサークルの顧問でもあり、車の愛好家で愛車はアウディS4アバント(小説設定)です。

sgz123.jpg
ラボでデートプランを練っているダル。

sgz124.jpg
まゆりの鼻歌(星の奏でる歌)を聞いて、気を失うかがり。

sgz125.jpg
鈴羽が語った戦災孤児のかがり。
小説時代の設定で捕捉すると、かがりは2026年に誕生し、その後大体2030年までの間に東京大空襲にて両親が死亡、施設に預けられてまゆりに引き取られます。2032年に椎名姓となり、2036年には戸籍上10歳。
1998年~2010年の12年間を現代で過ごしたため、あの大人かがりは22歳ですね。岡部たちよりお姉さんです。

sgz126.jpg
フブキはいまだに新型脳炎の定期検査を通院にて受けています。
半月前のこと、という台詞から、現在は1月中旬であることがわかります。
ゲームでもおマザーグースは1月14~16日の出来事なので、大体同じ日付と思われます。

sgz127.jpg
うっかりガラスドアにぶつかるドジっ子属性の由季。
正月には左手をバイト先で、前話では右手を包丁で怪我しているように、それなりにドジっ子属性なのではないでしょうか。

sgz128.jpg
歌が記憶を取り戻すきっかけになる可能性を頼りに、歌の出所を探し、まゆりを訪ねた岡部たちは、鈴羽を探し、ゴーゴーカレーで戦う【静かなる殺戮者】を目の当たりにする。

sgz128-2.jpeg
ちなみにこちらが本物のゴーゴーカレーのワールドチャンピオンクラス。

sgz129-1.jpg
まゆり→鈴羽と続いて由季を探す岡部たちが見たものは、UPXでデートする二人の姿だった。
こ の 顔 で あ る 

sgz129-2.jpg
そして、 こ の 顔 で あ る 。
まゆりの肘つんつんが微笑ましいですね。

sgz1210.jpg
由季が歌を聞いた相手とは、同じ料理教室の生徒である岡部の母親、朱美さんだった。
そして岡部の母親は中学生の頃の岡部自身が歌っていたものだと語る。
しかし、岡部には思い当たる記憶がない。おそらく、1.130426(無印の開始時)の世界線出身であるこの岡部には、1.097302の2005年当時の記憶が異なるため、覚えていないのではなく、知らないのだと思われます。

sgz1211.jpg
行き詰った一行は、まゆりの提案で雑司ヶ谷霊園へ。
歌については思い出せなかったが、そのままおばあちゃんの墓参りをする一行。
(かがりの記憶が)帰ってくるといいなと願い、その脳裏に一瞬よぎったのは、鳳凰院凶真の姿だった。

sgz1212.jpg
急な雨に雨宿りをする一行。
そこへ、ラジオから流れる魔笛の音楽を聴いたかがりは、突然昔の記憶を思い出そうと、ふらつきながら道路に飛び出してしまう。

sgz1213.jpg
ママに逢いたい一心で、とある施設から脱走したかがり。
その脳裏に浮かんだママの姿は、まゆりだった。
病院で目覚めて記憶を取り戻したかがりは、まゆりママとの再会が叶い、涙する。

sgz1214.jpg
2005年の岡部が歌を知ったきっかけは、脱走したかがりからだった。
外に止まる謎のバンから漏れ出た声は
『K6205(キイロシックスツーゼロファイフ)、椎名かがりを発見』

今回の星を奏でる歌の始点は、かがり→まゆり→鈴羽→由季→岡部朱美→オカリン→かがり、とループしたものになっています。
シナリオライターの土屋さんによると、これはラボメンバッジと同様にタイムループ物のお約束として機能させているために入れてあるとのことなので、本当の始点は分からないようになっています。
シュタゲゼロにはもう一つ大きな存在も、これと同じような役割を持って存在していますね。
[ 2018/06/28 22:41 ] アニメ版シュタゲゼロ | TB(0) | CM(15)

アニメSteins;Gate 0 11話:存在忘却のパンドラ

そろそろ折り返しの11話、存在忘却のパンドラが公開です。
世界線変動もないので、今回もアニメの進行準拠で、ネタバレは控えてまとめる程度にとどめていきます。

111.jpg
真帆の受け継いだ紅莉栖のノートPCにタイムマシンの論文の原型がある可能性に気付いた岡部と真帆は、ノートPCの解析を頼んだ業者『DaSH』の元へ向かいます。
そこに現れたのはなんと秘密のバイトをしているダル(Daru the Super Hacker)だった。

112.jpg
数あるダルの秘密の隠れ家の一つで、紅莉栖のノートPCの存在を確認した岡部。
岡部は真帆にすべてを打ち明け、ノートPCを廃棄するように進言する。
真帆の後ろのEscape Manのポスターの裏は、抜け穴になっています。

113.jpg
その頃るか邸では、急用で岡部が来れないとの連絡を受け取ったまゆりと、魔笛の流れる車のCMを見つめるかがりの姿が。

114.jpg
く~り~あ~ゆうひが~家で冷えてる~心ウキウキわくわく~♪

115.jpg
渋々ノートPCの破棄の提案を受け入れた真帆、しかしその直後、店内にいつぞやのライダースーツの襲撃者が現れ、抜け道から脱出を試みる。

116.jpg
バレバレですね。

117.jpg
案の定補足され、人質にされる真帆。
かつてのラウンダーとの交戦の記憶のある岡部は、事態の深刻さを考慮し、ノートPCと真帆の交換を持ち掛ける。

118.jpg
しかしその直後、第三者による銃撃にさらされ、ノートPCは粉々に破壊されてしまった。
その際ライダースーツの女は右腕を負傷し、撤退を余儀なくされる。

119.jpg
無事にラボに逃げ延びた岡部は、真帆が無意識にノートPCの破片を握りしめていることに気付く。
それを見た真帆は、紅莉栖の遺産を守れなかったことに涙する。
フェイリス邸に移動した岡部は、萌郁の腕に怪我がないことを確認する。

1110.jpg
極度の緊張後の脱力から、筋弛緩により自由の利かない真帆。
サービスショット。
真帆は紅莉栖へ抱いていた思いを岡部の前で見つめなおし、再び涙する。

1111.jpg
レスキネンと真帆の帰国が決まり、空港に見送りに来たラボメン一同。
レスキネンは岡部をヴィクトルコンドリア大学の研究室に誘い、岡部もいずれ渡米することを決意する。
右手を包丁で怪我してしまっている由季を気付かい荷物を持ってあげたりと、初めてまともに男を見せるダルが微笑ましいですね。
テスター終了に伴い、アマデウスアプリのアクセス権限も終了する岡部は、アマ紅莉栖との別れのと、いつかの再会を誓う。

1112.jpg
最近ご無沙汰だったレイエス教授も一緒に帰国。
冷え性の方用に配られる毛布と、機内サービスのワインを手に優雅に帰国です。

今回はここまで。
[ 2018/06/21 22:46 ] アニメ版シュタゲゼロ | TB(0) | CM(0)

アニメSteins;Gate 0 10話:存在証明のパンドラ

10話『存在証明のパンドラ』が公開です。
タイトルからわかる通り、真帆ルートである『存在証明のオートマトン』『永劫回帰のパンドラ』の複合のような内容となっています。パジャマパーティーまでがオートマトンのイベント、それ以降がパンドラでのイベントです。

106.jpg
和光市のオフィスがガス爆発騒ぎでしばらく使えないため、レスキネンと真帆は東京電機大学の(井崎准教授の)研究室を間借りさせてもらっています。
アマデウスは復旧が完了しています。

h1.jpg
更に悲惨な状態となっているフェイリス邸のゲストルーム。
黒木も真っ白に燃え尽きるほど。

h5.jpg
部屋に転がっている飲み物は、萌郁がコーヒーとリンゴジュース、栄養剤。
真帆は大量のモンスター。翼を授かりすぎて怪物へと身を落としたのでしょうか。

109.jpg
ちなみに萌郁がいるのは、真帆のボディーガードを依頼されたため。
ゲームではボディーガードの他、真帆にインタビューする予定が、ホテルが荒らされたことで延期となり、その取材を改めて行うという理由もありました。

n1.jpg
この惨状に、ついにみんなが待ち望んでいたあの方、テンノージ先任軍曹が降臨しました!

『返事をするときは、前後に綯様とつけるんだっ!』
『綯様!はい!綯様!!』

104.jpg
微笑みクマさんもこの表情。

103.jpg
掃除が完了するまで部屋の外で待機している岡部と真帆。
真帆のアカウント名『Sarieli』から、真帆の紅莉栖への嫉妬、憧れ、尊敬の入り混じった複雑な心境を知る岡部。

pp1.jpg
夜更かしシンデレラたちの秘密のオフ会 ~おねむで思わずドッキリ発言!?~

pp2.jpg
萌郁の身に着けているセクシーなキャミソールは、クリスマス会後に岡部が持っていたこれと同じもの。

105.jpg
アキバのパーツショップで目を輝かせる真帆。

107.jpg
オマエモナー
紅莉栖のお気に入りだったという@ちゃんねるのキャラクターのプライズ。
ここで、紅莉栖の母親の家が火事で燃えたことを知る岡部。
※ゲームでは序盤のUPXで真帆とレスキネンの会話から知ることに。

108.jpg
レースゲームでトップレコードをたたき出す真帆。

110.jpg
ラジオ会館の紅莉栖の死亡現場にて、真帆が紅莉栖のノートPCを持ち、パスワード解析を信頼できる業者に依頼している最中であることを知り、危険性を訴える岡部。
はたして真帆は、タイムマシンと第三次世界大戦について受け止めることができるのでしょうか?

pc1.jpg
ちなみにノートPCはダイビル前のコインロッカーに冒頭で預け、業者が後で直接ロッカーから回収する方式をとっているようです。
業者アカウント名は『DaSH』。

今回はここまで。
[ 2018/06/14 22:04 ] アニメ版シュタゲゼロ | TB(0) | CM(1)

アニメSteins;Gate 0 9話:永劫回帰のパンドラのまとめと世界線推移

9話、『永劫回帰のパンドラ』が公開されました。
まさかのデュアル世界線ではなくパンドラ世界線です。
しかし数値は本来のパンドラ世界線である1.129954と、ソリチュード〜エクリプス世界線である1.064750の中間(誤差0.000050)となる1.097302であるためエピグラフ世界線(1.129848)と、マザーグース世界線(1.064756)の中間点だと、この記事のコメントにて教えて頂きました!
内容としてもアルタイルへと続く世界線群と、リナシメントへと続く世界線群を1つに統合するための、中間的な位置づけと思われます。
複雑に世界戦が移動し、そろそろ混乱する方も出てきそうな頃合いですので、ここまでの世界線変動の推移を可能な限りネタバレを抑えてまとめておきました。よろしければご確認ください。
第8話までの推移

前回、紅莉栖の助けもあってα世界線からβ世界線に帰還した岡部。
目覚めるとそこは、御茶ノ水にある病院の一室だった。
1/2にフブキとともに高熱を出して倒れた岡部は、度々ニュースで出ていた新型脳炎の疑いで病院に搬送されていました。
そこで岡部は真帆から、アマデウスの乗っ取りは阻止したが、真帆のホテルが荒らされ、和光市のオフィスでガス爆発事件があったことを聞かされ、正月の襲撃事件との関連を疑う。
91.jpg
誰もいない通路は無印1話のオマージュでしょうか。

92.jpg
別の病室ですでに目を覚ましていたフブキ。フブキはα世界線の記憶を、夢として覚えていた。

93.jpg
岡部はすぐに退院、フブキはもうしばらく入院とのこと。

94.jpg
ちなみにこの病院のモデルは御茶ノ水にある順天堂大学医学部付属順天堂医院です。
写真はグーグルストリートビューより。

95.jpg
ロシアで核実験の疑い(タイムマシン研究の副産物である地震)の記事を読む鈴羽。
岡部は後のラジ館屋上で、世界線変動の原因はロシアとアメリカによるタイムマシン開発競争だということを聞かされる。

96.jpg
岡部たちが連絡手段としてメールに代わって使用しているRINE
画面の下にはDARU applicationの文字。つまり、アプリ作成者はダル

97.jpg
かがりは引き続きるか邸でかくまわれています。

98.jpg
岡部の挙動から、世界線が変動したことを察知した鈴羽は、岡部を無理やりにでもタイムマシンに乗せようとし、発泡する。
しかし、紅莉栖と会い、改めてタイムマシンを使わずにβ世界線で生きていく決意を固めた岡部は、それを拒否する。
その後駆けつけたダルに諫められ、鈴羽は一時説得を断念します。

99.jpg
襲撃者について調べるために、改めてブラウンに話を聞きに行く。
そこでブラウンから、襲撃者の候補をいくつか教えられる。
・DURPA アメリカ国防高度研究開発局
国防省内に作られた、軍事研究開発機関の一つ。
モデルは実在の組織DARPA(アメリカ国防高等研究計画局)。メタルギアや洋画などでたびたび出てきますね。
・ストラトフォー 【ストラテジック・フォーカス社(STRATEGIC FOCUS)】
アメリカの民間シンクタンク(研究機関)影のCIAとも呼ばれる。
モデルは実在の会社ストラテジック・フォーカスティング有限会社(Strategic Forecasting)

そしてまさかのイマジナリー紅莉栖登場。
脳内会話にて、8話で気付いた中鉢論文と紅莉栖の関連性から、襲撃者の目的を考える。
かがりの乗ってきたタイムマシンか、紅莉栖の論文のオリジナルか・・・・

100.jpg
フェイリス邸へ避難した真帆を訪ねた岡部。
1日でこの惨状。プロ執事の黒木も手におえない凄まじさ。

102.jpg
そして床に散らばる7本のレッドブル!!(窓辺の2本は岡部が立つために片付けた)。
翼を授けるどころかそのまま昇天してしまいそうなレベルのドーピング(`・ω・´;)

101.jpg
襲撃者の目的が紅莉栖のタイムマシン論文や知識である可能性を説明するが、心当たりは無いと答えた真帆。
その机の上には、度々ロックを解除しようと試みていた紅莉栖のノートPCが置かれていた・・・

今回はここまで。
[ 2018/06/07 23:43 ] アニメ版シュタゲゼロ | TB(0) | CM(12)